STORAGE

これまでの事やこれからの新しい事を保管・保存する場所です。現在は雑記メインで運営中(*'▽')

労働組合がある企業に就職すると労働環境は変わるのか。

 

まだバリバリ若い時の話だが、某大手企業の労働組合に加入していました。

加入と言っても自動的に入ったようなものですが。

労働組合に加入して変わったこと、変わらなかったことについて書いていきます。

 労働組合

f:id:fusigin:20170510202252p:plain

労働組合は働いている私たちが組合員となり大きな団体となります。

組合は、会社と交渉し給料・ボーナスを増やしたり、労働環境の向上などを目標とします。

中小企業には組合はほとんど存在しないでしょう。

それだけ加入する人数もいないですし、それを運営できる人もいないからです。

 

変わったこと

私が加入していた組合からは、毎月新聞が届いていました。その新聞は組合新聞で、内容としてこれまでの実績やこれからの目標が書いてありました。

簡単に言うと、「会社と交渉して給料・ボーナスUP」「〇〇月までにこういう交渉内容を実現させます」など。

変わったと思えたのはやはり給料・ボーナスUPでしょうか。

確実に上がりました。組合に感謝できるところです。

 

感謝できるのですが。。。

 

実際に給料・ボーナスが上がったと言えば響きはいいですが、会社がミスって一度下がったものを取り戻しているという状態でした。

しかしこれは私たちが通常業務をこなしている間に、組合の交渉で勝ち取ったものなので意味があったと思います。

 

変わらなかったもの

f:id:fusigin:20170510202328p:plain

給料上がるのは素直にうれしいです。生活ありますからね。働いたかいがあったというものです。

しかし私がほんとに変えてほしかったのは、労働環境でした。

労働環境が変わってくれることを信じて働いていましたが変わることはありませんでした。

現場で働いている人にとっては誰もが人員不足だとわかるほどの状況です。

 

しかし、組合新聞には「人員を増やしました。〇〇までにこれだけ増員します」というような内容がはっきりと書かれていました。人員不足は組合も理解していて交渉を勝ち取ったのでしょう。

 

その恩恵はあったのか。

私の職場にはありませんでした。全国事業なので職場はたくさんありますが、私の職場の周囲にも影響はありません。

ほんとに増員したのだろうか。と思えました。

人員を増やしてもどこかで辞めていく人も多いので、仮に1000人増やしたとしても1000人が人手になるわけではありません。

しかしあまりにも影響がありませんでした。

仕事は減るどころか増えていきます。組合が目標とする労働環境の向上は一体どこへいってしまったのか。

 

まとめ

労働組合に加入して変わるものもあれば変わらないものもあります。変えられないと言ったほうが正しいのでしょうか。

もちろん困った時に手助けしてくれるかもしれません。組合があり、交渉してもらえるだけでも良いのかもしれません。ですが、組合に加入しているから全て安心できるというわけではありません。

 

私が加入した組合はこんな感じでした。全国の組合にはもっと実現力のある組合があるのでしょうか。

 

全国の頑張っている労働組合さん。。。

 

多くの人が望むのは職場環境の改善ですよ。。