STORAGE

これまでの事やこれからの新しい事を保管・保存する場所です。現在は雑記メインで運営中(*'▽')

うんこ漢字ドリルは子供の好奇心からうまれたのではないか

 

ニュースでも紹介されるようになったう〇こ漢字ドリル。

本屋でも広いスペースをとって置かれており、う〇この顔をした先生が表紙に載っています。

見つければ思わず見てしまいたくなるようなデザインです。

 

このドリルは、子供の好奇心からうまれたものではないかと思ったので書いていきます。

う〇こ漢字ドリル

f:id:fusigin:20170507010336p:plain

このドリルは2年もの歳月がかけられて作られたものです。

対象者は小学生でしょうか。

製作者は子供の頃に「う〇こ」という単語を使っていたそうです。

それを思い出し漢字ドリルとしたものです。

今は漢字ドリルだけですが、今後は理科などのドリルも考えているそうです。

 

 

内容

中身はう〇この言葉を用いた例文が書いてあり、その例文の中の漢字の読み書きをするというものです。

 

イラストも入っていたり、漢字を書きこむ場所はう〇こがひょろ長くなったデザインとなっています。

 

この例文の内容は、製作者の4000以上の案から選ばれたものです。

すべて使われるわけではありません。子供への影響も考えられており、例文としてふさわしくないものはのぞかれています。

 

何度も添削され、その中から選ばれたう〇こ例文が載せられています。

 

う〇こ漢字ドリルのメリット

f:id:fusigin:20170507010453p:plain

このドリルのメリットはやはり興味を持てるところにあります。

小学生をターゲットにしている所も的を得ています。

 

大人が連呼して使うことがない言葉。しかし子供は「う〇こ」などの言葉が好きですし、言うだけで笑いになったりします。言葉自体に意味はありませんが、それを言うことがおもしろいのでしょう。

子供が「う〇こ」という言葉を言って、笑っている光景を目にしたこともありますしね。

 

子供にとっては興味のある言葉。この言葉を使用してドリルとしたことは、さらに子供の好奇心をあおるでしょう。

中身を見てみたくなると思います。

 

興味を持てるものは、おもしろいという感情が少なからずあるものです。

勉強が嫌い、やりたくない子供は多いでしょう。年齢が上がってくるとなおさらですよね。勉強より遊びたいという気持ちのほうが強いと思います。

 

しかしこのドリルなら楽しく勉強ができるでしょう。興味があるものは頭の中に残りやすいです。

例でいえば好きな漫画は何度も読んでしまうし、内容を細かく覚えているものです。

絵なども頭の中でイメージできたりします。

 

 

まとめ

学習するうえでは、このドリルは良いものだと思います。漢字テストの点数が上がるというのにも納得いきます。

 

学校でも例文が話題となり、言葉に出すことでしょう。言葉に出すということは、新しく知識を増やす点で良いものです。

見て覚えたものをさらに言葉に出すことによって知識は深く脳に刻まれます。

勉強時間の短縮にもなっていいのではないでしょうか。

 

勉強と遊びを両立するための新しい教材になることでしょう。